健康・省エネ住宅とは?

  • はじめに
  • 健康に影響を及ぼす住宅環境
  • 寒さによる影響の大きい住宅とは?
  • 寒さが健康におよぼす影響は?
  • 室温の低下による影響
  • ヒートショックによる影響
  • 住宅内の「寒さ」「温度差」の改善について
  • [参考資料]住宅環境と初期投資、ランニングコスト、健康リスクの因果関係

ヒートショックによる影響

断熱が貧弱だと、冬には室内から外へと熱が大量に逃げていくため住宅内に温度差が発生しやすくなります。
その結果、常に人がおらず暖房をしていない部屋(起床時の居間、冬のトイレ、浴室など)や廊下の室温はとても低くなります。

大きな温度差のある部屋を行き来すれば、血圧の急変動が起こります。
これが「ヒートショック」です。

いわゆる「入浴死」もヒートショックによる血圧変動が影響しているといわれており、年間1万を超える方が亡くなっています。
亡くならないまでも、脳血管疾患等による後遺症で介護が必要となるケースがあります。