住まいの中でガマンをしていませんか?

Think Health Think Home

家族みんなが、元気で、安心して暮らせること。
それは、誰にとっても共通の願いです。
健康的で安全な暮らしを実現するために最も重要なのが、
毎日の生活の基盤となる住まい。

健康に暮らせる住宅とは?
家族の心地よい暮らしとは?
そして、環境への配慮は?

家族といっしょに多くの時間を過ごす大切な場所、
住まいから、健康を考えてみませんか。

住まいの中で、こんなガマンをしていませんか。

寒すぎる、暑すぎる、ジメジメ・・・。そんな不快感が招く、血圧変動、風邪や喘息、アレルギー症状など、思い当たる点はありませんか。

住まいの温度差は健康に重大な影響を及ぼします。
建物の断熱性を高め、冬でも暖かい住空間とすることで、“血圧の変動が抑制された”、“風邪、冷え、皮膚のかゆみを訴える住人が減った”などの、調査結果も出ています。
子どもから高齢者まで、みんなが安心して健康に暮らせるよう、暖かで温度差の少ない、快適な住環境への改善をぜひ実現しましょう。

  • 健康住宅が、健康家族を育みます。
  • 高断熱は健康長寿の秘訣です。

部屋ごとの温度差による、健康リスクを軽減!元気な毎日を。